水道の修理

ライニング水漏れ防水の方法

古い蛇口

配管の継ぎ目等にて水漏れが発生した場合の処置方法として、様々な作業を行います。継ぎ目のネジ部の場合は、シールテープをネジ山に巻き付けた後にパイプレンチで締め、
更にシリコン材等のコーキング処理を行います。一方で、配管そのものの破損・ヒビ割れ等の場合は、
ライニングテープを巻き付けて、破損部の応急処置を行いますが、恒久的な処置では無いので、後日、
新しい配管材と交換する必要が有ります。そもそも漏水等の事故を起こさない為には、
配管材の耐久性を向上させる目的で、ライニング処理が有効です。

ライニングのメリット
ライニングは金属の磨耗・腐食・汚染などを守るために重要な役割があります。

機会を使用しない人力施行の物もあり水中でも接着して効果を得ることが出来るため下水処理、防水、水漏れ対策などに適しています。WEB上でも紹介されている方法では施行困難であった作業を時間的な制限を含めクリアーしたクリスタルライニングなど工法も様々です。他にも老朽化した水路の長期寿命化・直射日光に照らせれる場所にも対応しているなどこれからの効果にも期待出来ます。

ライニングで水漏れ・防水を守ろう

防水シート

ライニングとは、建設用語で、腐食や磨耗などの防止のために、あるものの内側に他の材料を貼り付けることを言います。別の言葉では、裏付け、裏張りとも呼ばれています。

例えば、パイプの内側にライニングすれば、パイプを強化をすることになるので防水力や保護力が上がり、水漏れが起こることを防ぐことができます。つまり、パイプの耐久年数を上げることができるのです。耐久年数が上がれば、それだけ、水が漏れたときに工事をしてもらうことが減るので、コストダウンにもつながります。

防水のメリット
防水は、水に強い耐性の素材などをしていますので、水に濡れても大丈夫となります。

水漏れをした場合でも、壊れることがないので、安心することができるようになります。

水とは、生活をしていると避けることができないものとなっていますので、防水をすることはとても大切となっています。水から守ることができる素材などを使うことは生活の水から守ることができるようになるので、安心することができるメリットがあるものとなっています。

防水の概要について

バスルーム

電化製品等に加工されるものとして、長時間水に入れていても利用できる加工と、多少雨に濡れても大丈夫なように加工されている商品等に防水商品があります。

また、建築工事として屋根からの雨水を防いだり、上階から下階からの水漏れを防いだり、地下への浸水を防ぐ工事があります。

工事の種類は様々ありますが、その中にFRP防水工事という工事があります。この工事にすることによって、コストダウンを図るメリットもあります。また、FRPを使用してコンクリートやモルタルの上に皮膜の貼り付けをする事をライニング工事といいます。

防水対策について
屋根の老朽化による雨漏りや、配管からの水漏れは深刻な問題で、漏れた箇所によっては、放っておくと家中が水浸しになる事態も考えられます。

そのような事態になる前の対策として、FRPライニングという工事方法があります。

この工事をすることで、トータル的なコストダウンにつながります。

他の防水工事では8年から10年毎に大がかりな防水工事を行わなければなりませんが、FRP工事ならトップコートの塗り替えのみで済みます。また、工事中の臭いが少ないことと、工期も短く済みしかも補修も容易にできます。